自分で使用期間を決められる

契約期間と料金の変化

長い期間借りる時は、料金が高額になります。
しかし期間が短くなれば、料金も安くなると覚えておきましょう。
ですからコピー機を、どのぐらい使うのか判断することが重要なポイントです。
短い期間を借りて、後から延長するという方法があります。
その際は、追加料金が発生すると忘れないでください。

最初から、適切な長さを契約することをおすすめします。
普通の会社は、3年から5年ほど契約することが多いです。
これから会社の経営を始めるので、どのくらいコピー機を使用するのかわからない人は、そのぐらいの年数を借りると良いでしょう。
書類をたくさん制作する会社ならほとんど毎日コピー機を使用するので、長い期間借りて損することはありません。

解約できない決まりになっている

1回契約を結んだら、絶対に解約できないので気を付けてください。
5年間コピー機を借りたけれど、やっぱりそんない使用しないと思った場合でも解約できません。
きちんと5年間分の費用を支払ってください。
どうしても解約する場合は、違約金が発生します。
高額な違約金なので、支払うと経費がなくなってしまうかもしれません。

延長料金が発生しないよう長めに期間を選択するのは良い方法ですが、長すぎないように注意しましょう。
どこの業者でも解約できない決まりになっていたり、解約する場合は違約金が発生します。
契約を交わす前に、本当にこの期間で良いのかよく考え直しましょう。
まだ契約していない段階なら、変更やキャンセルができます。


この記事をシェアする